井伊谷宮

井伊谷宮について

宗良(むねなが)親王御祭神「宗良親王」は、後醍醐天皇第四王子(宮内庁調べ)であらせられ、今より約650余年、動乱の南北朝時代に一品中務卿(いっぽんなかつかさきょう)征東将軍として、この地を本拠に50余年の間、吉野朝方のためにご活躍になられました。

» 井伊谷宮について詳しくはこちら


ご祈祷

ご祈祷井伊谷宮ではご祈祷を毎日奉仕致しております。
御祈祷のご予約は承っておりませんので、当日お越しいただきまして受付へお申し出ください。受付は午前9時から午後4時半までとなっております。
祈祷控殿は冷暖房完備で、お子様のおむつ替えができる台がございます。
また車のお祓をご希望の方は第二駐車場を奥へと進んでいただきますとご本殿の横に車祓所がございますので、そちらにお停めいただいてから受付にお越しください。
第二駐車場は新宮という中華料理屋の前を入ったところです。車祓所はさらにその奥にございます。
その他ご不明な点がございましたら、お電話にてお問合せください。(053-542-0355)

» ご祈祷について詳しくはこちら
» 「御祈祷のご案内」チラシのダンロードはこちら(PDF:667KB)

インフォメーション

*バナーをクリックすると関連ページを表示します

御朱印のお知らせ

井伊谷宮の桜
井伊谷宮の春の御朱印今年も桜の季節となり境内できれいな花が見られるようになりました。日本人は桜を好むとよく言いますが、桜の花を見ているとどこか心が和みますね。
4月は鎮花祭(ちんかさい、はなしずめのまつり)の特別御朱印をご用意致します。鎮花祭とは春の花が散る際に疫病が流行るとされ、それを鎮めるために行われてきた疫病除けのお祭です。古くは国家祭祀として行われていました。

萌黄色(春の萌出でる新緑の色)の特別の紙に桜の花が咲いています。当宮にもしだれ桜、陽光桜、河津桜等々いろいろな種類の桜が植えられています。
特別の紙を使用しておりますので紙のみのご用意となります。通常の御朱印は帳面にお書きすることができます。

井伊谷宮の桜井伊谷宮の桜

井伊谷宮の桜井伊谷宮の桜

2020年3月30日掲載 *大切なお知らせ

新着情報とお知らせ