御祭神

宗良(むねなが)親王

後醍醐天皇第四王子 宗良(むねなが)親王

御祭神「宗良親王」は、後醍醐天皇第四王子(宮内庁調べ)であらせられ、今より約650余年、動乱の南北朝時代に一品中務卿(いっぽんなかつかさきょう)征東将軍として、この地を本拠に50余年の間、吉野朝方のためにご活躍になられました。

その間、遠江・駿河・三河・甲斐・信濃・越後・上野・美濃等を転戦し、信濃宮・上野宮・越中宮と尊称されました。

親王は、御幼少の折から御出家せられ、やがて京都比叡山天台座主となられましたが、時代の波は親王にも及び、還俗して宗良親王となり、戦陣の中へ身を置かなくてはならなくなったのです。

また、親王は、御幼少の頃より和歌に秀で、終生和歌の道の聖と仰がれました。唯その御生涯は、誠に悲惨な人生であり困苦辛難に満ちたものでしたが、どんな苦しい流浪の中にあっても和歌を離さず、準勅撰「新葉和歌集」(吉野朝の歌人だけを集めた)の編纂を始め、親王の歌集である「李花集」など当時の歴史資料としても貴重な和歌を多く遣されました。

晩年再びこの地を訪ねられ、元中2年8月10日御歳73才を以ってこの地で薨去されたと伝えられています。


御神徳

和歌に秀でておられたことから「学徳成就・合格」の神様として崇められ、また73歳と、当時としては大変御長寿であられたため「長寿・除災開運」の守護神として信仰されています。

御由緒

当宮は、明治5年に明治天皇の思し召しにより御鎮座、翌6年には静岡県内でも数少ない官弊社(井伊谷宮は官弊中社)という格式高い神社となりました。

以来昭和5年には、昭和天皇が御親拝になり、続く昭和58年には、現在の天皇皇后両陛下がご参拝される等、皇室とも大変関係深い神社であります。

年中祭典行事

1月1日 午前7時 【歳旦祭】

元旦に行われる祭りで、五穀豊穣や国民の幸福、皇室の繁栄などを祈願します。

2月3日 午後3時 【節分祭】

立春の前日、節分の日は古くより悪霊(厄)を払う様々な行事が行われてきました。
当宮でも節分祭を斎行し、引き続き年男・年女の方々により豆まき神事を行います。

2月11日 午前10時 【紀元祭】

初代天皇、神武天皇が畝傍(うねび)の橿原(かしはら)で即位された日で皇室の繁栄を祈る祭りです。

2月17日 午後1時30分 【祈年祭】

春に農作物の豊穣を祈る重要な祭りで、特に大祭として斎行されます。

5月下旬 午後1時半【お田植祭】

早乙女が歌などに合わせ神田に稲の苗を植えるもので、苗の成長と豊穣を祈願します。

6月中旬 【崇敬者大祭】

当宮崇敬会会員の御多幸を祈願する祭りです。

6月30日 午後3時【夏越の大祓式】

1年を2つに分け、6月と12月の晦日に罪穢を祓う大祓式は平安時代延喜式にも記されています。6月には茅ノ輪くぐり、罪穢を祓います。

9月22日 午前10時 【例大祭】

元中2年8月10日宗良親王薨去の日を新暦に改めた9月22日に例祭が斎行されます。

11月23日 午後1時30分 【新嘗祭】

春の祈年祭に対し、秋の収穫を感謝する祭りでやはり大祭として斎行されます。

12月23日 午後1時30分 【天長祭】

天皇陛下の御長寿を祈り、皇室の弥栄・国家及び世界の平和と繁栄を祈る祭りです。

12月31日 午後3時 【年越の大祓式】

夏越の大祓同様、罪汚れを祓う儀式。
※茅の輪はございません。

12月31日 午後10時【除夜祭】

大晦日の夜を2つに分け、前半を旧年とし、後半を新年としてその分け目にお祭りを行うので、夜を除ける祭とする。