井伊直虎「手鏡守」まず、手鏡守りの鏡の部分と柄の部分を取り外します。

井伊直虎「手鏡守」柄はお守りとしてお持ちください。

井伊直虎「手鏡守」鏡を模した丸板の裏面に、願い事等ご自由にお書きください。
※絵でも構いません。

井伊直虎「手鏡守」丸板の表面の「直」印が中心になるように「井」の字を書き入れます。
更にこれを囲むように「円」を描いてください。
※心を込めて円をお描きください。
※これにより皆様の願い事と神様との「縁」が結ばれます。

井伊直虎「手鏡守」手鏡守りの丸板をお持ちになって、直虎のご先祖がご祭神の井伊社にお参りください。
その後、丸板を井伊社内に設置された納め棚にお供えください。

» 「井伊社」について詳しくはこちら

» 「手鏡守り手順」のダウンロードはこちら(PDF:250KB)