大切なお知らせ | 井伊谷宮公式ホームページ

大切なお知らせ

11月御朱印のお知らせ

早くも11月となり七五三の季節となりました。
当宮ではコロナ対策として換気や神主のマスク着用、玉串拝礼を全員での拝礼とする等対策をしております。来年も承っておりますので、ご都合のよろしい時にお参り下さい。

さて、11月8日は立皇嗣の礼が行われます。秋篠宮殿下が次の天皇陛下となられる立場となったことを国内外に示す儀式で、これをもって令和の御代替わりの儀式の締めくくりとなります。

当宮は皇室をお祀りする神社であり、皇室の方の御参拝もいただいた皇室所縁の神社です。そのため昨年の御代替わりの儀式、即位礼正殿の儀、大嘗祭の際には奉祝の御朱印を行ってまいりました。今回も特別に奉祝御朱印を行います。
※金と銀の御朱印は以前のものですので、お出しできません。

また月ごとの特別御朱印は「霜月」で、紅葉、あけび、むべが描かれています。
紅葉は言わずもがなですが、あけびとむべは知らない方も多いかもしれません。

あけびは紫色の果物で、熟すと割れます。味は自然な甘さを感じられるそうです。
むべはあけびとよく似た実を付けます。また成長するにつれて葉の数が3枚、5枚、7枚と段々と枚数を増やしていくことから七五三の縁起木と言われています。昔から愛されてきた日本の果実で、名前は天智天皇がつけられたという皇室ゆかりの果実です。

その他常時お出ししている当宮神宝の「太刀 銘国綱(たち めいくにつな)」の刀剣御朱印もございます。こちらは井伊家により奉納された名刀で、天下五剣といわれる鬼丸を作刀した粟田口国綱が鍛えた刀です。

刀は邪を祓う神聖な力があると信じられ、信仰の対象ともされてきました。災いを祓う刀剣のカード守もございます。

御朱印御朱印

刀剣御朱印太刀真剣守

特別御朱印・七五三のお知らせ

早くも10月を迎え段々と涼しく過ごしやすい季節となりました。食欲の秋、スポーツの秋、芸術の秋、みなさんにとっては何の秋でしょうか。
今年の中秋の名月は10月1日です。中秋とは8月の事で旧歴15日の月の事を中秋の名月と呼び、わが国では古くから月を眺めてまいりました。
ちょうどこの時期は収穫の時期でもありますので収穫物やお餅、また秋の七草をお供えしたりします。
※10月1日~4日まで境内にススキを設置しますので、ご自由にお持ちください。

特別御朱印特別御朱印
10月の特別御朱印は中秋の名月で、月と共に秋の七草が描かれています。
秋の七草はハギ、ススキ、ナデシコ、オミナエシ、クズ、フジバカマ、キキョウと言われます。
月にはウサギもいてかわいらしいです。主に巫女さんが考えているのですが、さすが女性らしい視点ですね。
いいねと思ってくださった方は、授与の際など直接伝えていただけますと励みにもなり喜ぶと思います。
また光を通すと紫色が透けて夜の雰囲気を醸し出します。貼る前に一度ごらんになってみてください。

中秋の名月の翌日は十六夜(いざよい)、また旧暦9月13日は十三夜(じゅうさんや)といって同様に月を鑑賞する慣習がございます。
今年の十六夜は10月2日、十三夜は10月29日です。

七五三の準備もできておりますので、どうぞお越しください。
ちょうど新史料館・休憩所が出来たばかりですので、木材の温かみやガラス張りの階段、展望室等も含めお写真を撮るにはよいかと思います。
碁盤の儀の所でもどうぞお写真をお撮りください。
例年11月が混みあいますので、少しでも混雑を避けたい方は10月にお越しになると比較的空いています。
来年になっても承っておりますので、ご都合のよろしい時に御参拝ください。

なかなか大変なこと続きでストレスもたまる今日この頃と思いますが、時には月を眺めて季節の風情を感じることで心にゆとりをもってみてはいかがでしょうか。
季節の変わり目でもありますのでお体にはお気をつけてお過ごし下さい。
七五三七五三