夏越大祓式、輪くぐり神事

輪くぐり神事

井伊谷宮では6月30日午後3時より夏越の大祓(なごしのおおはらえ)神事を行います。どなたさまでもご参加いただけます。

大祓の神事は一年も折り返しを迎える節目に半年間の罪穢れ(つみけがれ)を祓い、災い事なく健やかに過ごせるようにとお祈りします。

古くから「水無月の 夏越の祓(はらえ) する人は 千歳の命(ちとせのいのち) 延ぶ(のぶ)というなり」と歌われるように長寿をも願って行われている神事です。

境内には茅の輪もございます。茅の輪は蘇民将来が素戔嗚(すさのお)の命(みこと)をお助けした故事に由来するもので、通ることで無病息災でいられると信じられています。

これから迎える暑い夏を乗り越えられるよう、人形(ひとがた)という紙にご自身の罪穢れを託して茅の輪をおくぐりいただき恙がなく日々をお過ごしください。